オルニチンと肝臓の関係

オルニチンは、私たちの体内にもともと備わっているアミノ酸の一種で、肝臓の働きと深い関わりがあります。
アルコールを飲むと肝臓に大きな負担がかかるのは皆さんよくご存じかと思いますが、その肝臓の働きを助けているのがオルニチンです。

オルニチンには疲労回復効果が!

オルニチンは肝臓に多く存在する遊離アミノ酸の一種です。
肝臓の大きな役割の一つに有害な老廃物を分解するという働きがあります。

 

人間がエネルギーを産生する時には、同時にアンモニアという老廃物が排出されます。
アンモニアは身体にとって有害な物質なのですが、肝臓にはこのアンモニアを分解してくれる働きがあります。
有害なアンモニアが肝臓で無害化される行程をオルニチンサイクルと呼んでいます。

 

オルニチンはこのオルニチンサイクルにアプローチして、アンモニアが分解され無害化されるのを助けています。

 

もしも肝臓でオルニチンサイクルが上手く働かずにアンモニアが体内にたくさん発生すると、全身の疲労感を感じるようになります。
オルニチンを多く摂取することで肝臓の働きが助けられます。
疲労回復がスムーズに行われる他、ストレスが軽減されることも分かっています。

 

さらに睡眠の改善や気分を穏やかにするなどの作用があることも分かっています。
毎日なんとなく疲れている、睡眠がしっかり取れず気分も落ち着かないなどの症状が見られる方は肝臓がスムーズに働いていないのかも知れません。
肝臓をサポートするオルニチンが役に立ちます。

肝臓の疲れは全身の疲労に!

筋肉を酷使したり頭を使いすぎたり、あるいは目を酷使すれば、それぞれの部位がとても疲れてしまいますね。
使いすぎやストレスにより各部位の機能が低下すれば、強い疲労感を感じると同時に、各部位がいつも通りに機能しなくなりますね。
ここで筋肉や頭、目や心を休ませることで、またもとの元気な状態に戻ります。
このような筋肉疲労や眼精疲労などによる疲労とは違う疲れもあります。

 

それは肝臓の疲れです。
暴飲暴食をしたり夜更かしが続くなどの日常的な不摂生が肝臓の疲労につながります。
そうなると肝臓の働きが低下してしまいます。

 

肝臓では老廃物の分解だけでなく、エネルギーの代謝などの重要な働きを行っています。
このような重要な働きがスムーズに行われなくなるので、エネルギー不足になったり毒素が蓄積されることによる全身の疲れが見られるようになります。
肝臓の機能低下による全身の疲労は少し休んだくらいでは回復できません。

肝臓を疲れさせる原因は!?

肝臓を疲れさせる原因はたくさんあります。
食べ過ぎやアルコールの飲み過ぎの他、さらに運動不足や過剰な筋肉運動も肝臓を疲れさせる原因になります。
また、睡眠不足や精神的なストレスも肝臓への大きな負担となります。
食べ過ぎや飲みすぎにより、栄養素やアルコールを分解する肝臓への負担が大きくなります。

 

さらにたんぱく質の分解によって発生する毒素であるアンモニアが肝臓でスムーズに分解されないと、エネルギー代謝が阻害されることになります。
また、アルコールを分解する際には毒性の強いアルデヒドが発生するのですが、これが肝細胞内のミトコンドリアの機能を低下させます。
ミトコンドリアには生命活動の原動力となるエネルギーを生み出す働きがあるのですが、これがアルコールの過剰摂取によってその働きが低下します。

 

運動不足で血液の巡りが悪くなると血液が汚れしまうため、肝臓はその血液の処理に追われることになります。
筋肉運動をし過ぎると、体内ではアンモニアが増えるので肝臓はその処理に追われることになり、さらにアンモニアによりエネルギー代謝が阻害されます。
不眠やストレスは、肝臓を働かせている副交感神経の働きを低下させます。

 

このように肝臓を疲れさせる原因はいろいろあります。

オルニチンには肝機能を高める効果も!

食べ過ぎや飲み過ぎ、睡眠不足やストレスなど不摂生によって肝臓が酷使され肝臓が疲れると、それと同時に全身も疲労してしまいます。
肝臓が疲労するとさらに肝臓の機能も低下するために、全身の疲労はさらに悪化します。

 

エネルギーの代謝や老廃物の解毒など重要な役割を担っている臓器ですから、毎日エネルギーを大量に産生して消費しています。
その肝臓のエネルギー代謝が鈍ってしまうと肝機能も低下します。

 

顔色が悪くなり慢性的な疲労感を感じるようなるなどさまざまな悪影響が出てきます。
肝機能が低下すれば、脂肪肝や肝炎、肝硬変などの肝臓病のリスクも高まってきます。
これらの肝疾患の改善や予防にもオルニチンが役立ちます。
肝臓の解毒作用をサポートするというオルニチンの働きが肝機能を高め、さまざまな肝疾患のリスクを低下させます。
健康診断での血液検査の数値にγ‐GTPという項目があります。
これは肝臓の健康を知るための項目なのですが、オルニチンを含むしじみエキスを続けて服用することでこの数値が改善したとう実験結果もあります。
アルコールなどのさまざまな不摂生により肝機能が低下している人にはオルニチンが欠かせません。

 

肝臓が疲れると私たちも全身の疲れを感じるようになります。
オルニチンは私たちの健康を左右する大事な臓器である肝臓の働きを助けてくれる大切な成分なのですね。

オルニチンサプリランキングはこちら