オルニチンサイクル(尿素回路)について

肝臓の中でオルニチンが大きく関わっているオルニチンサイクルについて詳しくご紹介しましょう。
オルニチンサイクルは尿路回路とも言われてます。
肝臓の主要な働きの一つであるアンモニアの解毒を行っているところなのですが、いったいどのような仕組みになっているのでしょう。

オルニチンが関わっているオルニチンサイクルについて

エネルギーの代謝を阻害したり疲労の原因となっているアンモニアは、アミノ酸が代謝された時に発生する老廃物のひとつです。
アンモニアはとても有毒なもので、体内に過剰に蓄積された場合、全身の疲労を感じるようになります。
このアンモニアを分解しているのがオルニチンサイクルです。

 

アンモニアはアミノ酸の代謝だけでなく激しい運動を行った時にも体内で生じるのですが、オルニチンサイクルではどのようにしてアンモニアが分解されているのでしょう。

 

オルニチンはもともと体内にも存在する遊離アミノ酸の一種ですが、オルニチンサイクルにおいて、体内で発生したアンモニアがまずオルニチンと反応します。
アンモニアとオルニチンが反応すると、同じく遊離アミノ酸であるシトルリンへと変わります。
このシトルリンにさらにアンモニアが反応すると、アミノ酸の一種であるアルギニンになります。
アルギニンが今度は水と反応すると、再びオルニチンに戻り、そして尿素も生成されます。
有害であったアンモニアが、無害な尿素となり身体の外に排出されていきます。
アンモニアと反応して形を変えてまたオルニチンに戻ったわけですが、これはまた再利用されることになります。

とても効率的なシステムとなっているのです。
シトルリンやアルギニンへと変化しながら、アンモニアが無害になっていきます。
オルニチンサイクルを支えているのがオルニチンです。

 

もともと体内に存在する成分ですが、お酒の飲みすぎや加齢、不摂生により不足しがちになるので食べ物やサプリメントからしっかりと補充することが大切です。

肝臓には尿路回路以外に2つの代謝経路が!

尿路回路とも呼ばれるオルニチンサイクルは肝細胞内にあり、有害なアンモニアを無害な尿素へと合成していく代謝回路の一つです。

 

肝臓にはこの尿路回路以外に、TCAサイクルと糖新生と言われる2つの代謝経路があります

TCAサイクル

TCAサイクルは、私たちが活動するために必要なエネルギーの産生に関与している経路で、肝細胞内にあるミトコンドリアという場所で機能しています。

糖新生

糖新生は、ブドウ糖を新しく合成している経路です。
脳にとって最も必要となるグルコースと言われるブドウ糖を合成する他、合成したブドウ糖を全身に送ったり、あるいはグリコーゲンとして肝臓内に貯蔵しています。

 

健康な身体を保つために欠かせない重要なシステムを肝臓では一手に引き受けています。
私たちが思っている以上にとても重要な臓器なのです。

アンモニアが解毒されるとエネルギー産生がスムーズに!

肝細胞のミトコンドリア内にあるTCAサイクルは、先ほども紹介したように私たちの生命活動に必要なエネルギーを生み出している回路なのですが、アンモニアがこれを阻害してしまいます。

 

アンモニアがオルニチンサイクルできちんと解毒されず体内に蓄積されてしまうと、TCAサイクルを阻害することが分かっています。
さらにアンモニアはミトコンドリア内の酸化還元バランスも崩してしまうので、エネルギー産生のためのシステムが大きく崩れてしまいます。

 

TCAサイクルがこのようにアンモニアにより阻害されれば、エネルギーが生み出されずにだるさや疲れなどを感じるようになります。
オルニチンは間接的にですが、アンモニアの解毒を促進することでミトコンドリア内でのエネルギー産生のサポートもしています。

アルコール性疲労を防止!全身の疲労回復にも

オルニチンは、オルニチンサイクルでアンモニア解毒をサポートすることで、アルコール性疲労の防止にも役立っています。

 

アルコールを飲むとNADHという物質が体内に増えるのですが、このNADHという物質は脳のエネルギーである糖やケトン体が生成されるのを邪魔する働きがあります。
飲酒後に疲労を感じてしまうのはこのためで、アルコール性疲労と呼ばれています。
アルコールを飲むと、このNADHという物質のせいで脳がエネルギー不足に陥ってしまう可能性があるのです。

 

オルニチンのおかげでアンモニアの解毒が促進されれば、その過程でNADHも消費されていきます。
その結果、脳のエネルギーとなる糖やケトン体もスムーズに生成され、アルコール性疲労を防ぐことができます。

 

オルニチンサイクルの働きをオルニチンが活性化することで、ミトコンドリアの働きもサポートされ、肝臓自体の働きも良くなります。
オルニチンは、オルニチンサイクルのサポートによるアンモニアの解毒だけでなく、エネルギー産生や糖新生の代謝もサポートしています。
肝臓の疲労と全身の疲労回復にも大いに役立っているのです。

 

オルニチンが関わっているオルニチンサイクルは、とても効率の良いシステムです。
オルニチンサイクルは肝臓の主要な代謝経路の一つで、オルニチンは全ての代謝経路に役立っています。

オルニチンサプリランキングはこちら