しじみの冷凍保存

1:しじみの冷凍保存による効果

一般的に、冷凍をすると成分が壊れたり鮮度が落ちる、味が悪くなるという印象があります。
しかししじみは冷凍することで、しじみに配合されるオルニチンの量が数倍に増えるそうです。

 

なぜ増えるのかというと、オルニチンに含まれているペプチドが、冷凍することで分解され成分の吸収率がアップされるからだといわれています。

 

実際にオルニチンの量を比較した結果、時間をかけてゆっくりと冷凍するとしじみ内のオルニチン量は格段に増えたという研究結果が出ています。

 

また、冷凍することにより長期保存が可能になりますし、下処理をしてから冷凍をすれば調理時間の短縮にもつながります。

 

2:しじみの冷凍保存方法

しじみを冷凍するときは、必ず事前に砂抜きをしましょう。
しじみは冷凍をすると死んでしまいます。死んだしじみは砂を吐くことができないので、美味しく調理をするためにもきちんと砂抜きをしてから冷凍してください。
また、殻を合わせて洗うのも冷凍前に行うようにしましょう。

 

砂抜きをしたら、しじみの水分をしっかりとふき取り、殻が割れていたり口が開いているものを取り除きましょう。これらのしじみはすでに死んでいて、一緒に冷凍をしておくと他のしじみの味も落ちてしまいます。

 

死んだしじみを取り除いたら、ジップロックなどに平らに重ならないように入れて空気を抜きます。出来れば新聞紙などに包み暗くした上で、冷凍庫に入れてください。

 

しじみの殻が面倒な場合は、砂抜き後に身をはずした状態でタップに包み、ジップロックにいれ冷凍をしても良いです。

 

剥き身の状態のまま冷凍をしたほうが簡単に食べられますしスペースも取らないのでおすすめです。

 

3:しじみの冷凍期限

しじみは生ものなので、そのまま食べる場合は砂抜きをしてから5時間以内に食べるのが最適だといわれています。
しかし冷凍保存した場合は1ヶ月から2ヶ月は保存が可能です。このくらいの期間であれば、新鮮で栄養状態の良いしじみを食べられるでしょう。

 

4:しじみの解凍方法と注意点

冷凍のしじみを解凍するときは、お湯で行いましょう。
生の場合は水でも大丈夫ですが、解凍の場合は沸騰したお湯にそのまましじみを入れます。

 

基本的な下処理は冷凍保存時に行うので、解凍時はそのままお湯に入れるだけで大丈夫です。
冷凍をしたしじみをこすり洗いすると旨味成分が抜けてしまうため、必ず事前のこすり洗いや砂抜きを行ってから解凍をしましょう。

オルニチンサプリランキングはこちら